超高コスパSIMフリー機、Redmi Note 10 Proがいきなりヨドバシで売上トップに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、シャオミが国内向けに発表した最新ミッドレンジモデル、Xiaomi Redmi Note 10 Pro

Snapdragon 732G搭載でカメラはサムスン製の108MPセンサー「HN2」を搭載し、それでいて価格は税込みで34800円と「超」が付くほどのハイコスパモデルとなっています。

この価格帯のスマートフォンのカメラ性能ではトップ評価間違いなし、といった感じの同モデルですが、やはり国内ユーザーからの注目度も相当高い、という印象。

そして今回、Xiaomiが公式Twitterアカウント上で以下のような投稿をしていました。

このモデル、発売日は4月16日とまだ2週間先ですが、予約販売の時点でSIMフリー機種で売上1位を獲得。

なお、このRedmi Note 10 Proはシャオミの2021年SIMフリーモデルとしてはRedmi 9Tに続く2機種目。

こちらは¥17,490円とRedmi Note 10 Proの約半分の価格ですが、搭載チップがSD662ということもあり、ちょっと力不足を感じる方も多い模様。

なお、同モデルはamazonでもすでに予約受付開始。

同サイト上でもSIMフリー機種で売上No.1モデルとなるのはおそらく時間の問題でしょう。

Xperia 1 IIIの最大の謎、XA2のチューブ型デザインが復活の可能性
ソニーモバイルの2021年最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III。有名リーカーのZackbucks氏がかなり具体的なスペック情報をリークし、カメラ周りを中心にかなり大幅なスペック向上となりそうです。また、昨晩には正式発表も

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました