スタイラスペン対応、SD480搭載のMoto “Denver”の一部スペックが判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラのミッドレンジ・ラインナップ、motoシリーズ。

今世代ではすでに日本でのリリースが決まっているmoto g10、g30に加え、SD480搭載のmoto g50、SD870搭載のmoto g100が正式発表されています。

そして今回、このmotoシリーズに属すると思われるスタイラスペンに対応した未発表モデルの新情報がでてきました。

このモデル、1月に有名リーカーのOnleaks氏が3Dレンダリング画像をリークしたモデルと同一機種と思われ、コード名はモトローラ「Denver(デンバー)」とのこと。

また、この”Denver”にはクアルコムのSnapdragon 400番台としては初の5G通信対応チップとなるSnapdragon 480を搭載するとのことです。

メモリは4GB、ストレージ容量は64GB/128GBで、リアカメラはメインカメラが48MPのサムスン製センサー、超広角が8MPのS5KGM1ST、5MPのマクロ、2MPのOmniVision OV02B1Bを搭載する模様。

なお、フロントカメラは16MP OmniVision OV16A1Qとのことです。

その他のスペック詳細は不明ですが、カラーはグレーとレッドの2色展開。

搭載CPUやカメラ周りの仕様からするとmoto g50と近い位置づけのモデル、おそらくmoto g60やg40といた機種になりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました