Canon製カメラ搭載の謎のスマートフォン画像がリーク、コラボ相手はXiaomi?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ数年間ですさまじい性能向上を遂げたスマートフォンのカメラ。

ここ1~2年はユーザーの好みのシフトもあってか進化スピードが若干鈍化しているかな、という気もします。

一方で、昨日発表された巨大センサー搭載のXiaomi Mi 11 Ultra然り、スマートフォンメーカーのカメラに対する注力は相変わらず強りという印象です。

そんな中、Weibo上に非常に気になる端末の画像が投稿されていました。

オレンジ色の派手なボディーにCanonのロゴが。

Canon製スマホ?と思うほど存在感のあるロゴですが、同社が今更スマホ業界に参入するとは思えないので、やはり既存スマートフォンメーカーとのコラボという可能性が高そう。

Canonがコラボするスマートフォンメーカー、というとどこでしょう。

Xperiaではないことは当たり前。また、おそらくシャープのAQUOSや富士通のarrowsといった他の日本勢も直感的にあり得ない、という感じ。

一方、既存のカメラメーカーとのコラボと言えば、ファーウェイのライカ(Leica)、Vivoのカール・ツァイス (Carl Zeiss)、Oneplusのハッセルブラッド (Hasselblad)などがあり、とりあえずこれらのメーカーもすでにパートナーがいる、ということで候補からは除外。

一方、サムスンは独自のデジカメを出しているので除外。

となるとOppoやXiaomiあたりが怪しい、という気がします。

そういえば、昨年の1月に、Xiaomiの副社長Chang Cheng氏がWeibo上で興味深いアンケートを行っていました。

「もしXiaomiがカメラでコラボをするとしたらどのブランドが良いですか?」というアンケートで、候補にはCanon、Nikon、Hasselbladの三択。

ユーザーからの回答で一番多かったのは「ハッセルブラッド」となりましたが、この一番上にCanonが入っているのが気になるところです。

となると、このCanon製、あるいは「Canon監修」カメラを搭載するモデルはXiaomi製、という可能性が高そうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました