Android 11アップデートの普及スピードは過去最速、日本では遅め?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleの最新OS、Android 11。

国内でもXperia 1 IIやXperia 5 II、Galaxy S20シリーズ、AQUOSなどなど、2020年の主要機種には大体アップデートが行き渡ったという印象です。

そんなAndroid 11の普及状況について興味深い最新情報が発見されました。

上のグラフはリサーチ会社、StatCounterのもので、これによると米国では3月時点でのAndroid 11搭載スマートフォンおよびタブレットは全体の25%を占めている、とのこと。

確かに、グラフをみるとAndroid 10が40%以上で依然として最も多いOSではありますが、それでも昨年の12月くらいからAndroid 10のシェアは急速に落ち、Android 11のシェアが急増しているのが分かります。

GSMArenaによるとこれは過去のAndroid OSで最速ペースとのことです。

日本でのAndroid 11普及ペースは遅め?

一方、以下は同期間の日本での推移。

ご覧のように、Android 11はまだ「その他」に分類されており、Android 11のシェアは10%未満といった感じ。

それでもその「その他」がここ3か月ほどで急上昇してきているのが分かります。

日本で販売されている機種を見ている限り、このAndroid 11で特にアップデートの提供が早くなったといった実感はありません。

ただ、考えてみると、確かにAQUOS sense4シリーズといった今まででは比較的アップデート提供時期が遅かったモデルにも早めにアップデートが提供されるといった変化が一部で見られるのも事実。

以前より、Android OSのアップデートの遅さは同OSの最大の課題の一つとも言われているので、アップデート普及ペースがアップした、というのはかなり良いニュースではないでしょうか。

Oppo Find X3 Proの国内発売が確定、技適を通過。au新作としてリリースか
国内スマホ市場でもじわじわと存在感を増している中国のOppo。同社の最新フラッグシップモデル、Oppo Find X3 Proが国内でもリリースされることが確実となりました。1月22日付で総務省の技適を通過していたもの。「CPH2173」と

コメント

タイトルとURLをコピーしました