新型Xperiaなど、2020年の5Gスマホについて分かっている事まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本での5Gスタートはいつ?

海外の一部では今年から商用サービスが開始されている5G通信ですが日本では2020年が「5G元年」となります。

今のところ、ドコモは「来年春」、auは「来年3月」にサービス提供を開始すると公言しており、そのサービス内容や料金もさながら、やはりどういった機種が出るのか?というのも気になるところ。

今回は来年リリースされる5G対応スマートフォンについて現時点で分かっていることをまとめてみます。

春の5Gサービス開始前に5G対応「春モデル」発表

auは5月の今年の夏モデル発表時に、ドコモは秋冬モデルの発表時に、両社とも5Gサービスの開始前に5G通信対応の端末を発表する、と明言しています。

端末がないのにサービスだけ開始するということはあり得ないので、ある意味これは当たり前。

よって、両キャリアから3月あたりにイレギュラーな「春モデル」の発表があることはほぼ確実です。

スマホとは限らない・・・

ただ両社のインタビュー記事などを見返してみるとこれらの5G対応モデルについてはどちらも「端末」と言っており、「スマートフォン」とは言っていません

よって、春モデルとして発表されるのはひょっとすると5G対応のモバイルルーターという可能性もあり、そうなると5G対応の「スマートフォン」に関しては夏モデルまでお預けということもありそうです。

ドコモ最初の5Gスマホは「既存Galaxyモデル」との噂も

一方、これはあくまで「噂」ですが、ドコモが最初の5G端末としてリリースするのは既存Galaxy機種、つまりGalaxy S10 5GもしくはGalaxy Note 10+ 5Gという情報もあります。

あまり魅力的な話ではありませんが、捉え方によっては非常に現実的にも思えます。

2020年の新型フラッグシップはすべて機種5G対応で「なければならない」

さて、本題の5Gスマホ。

ドコモは2019年秋冬モデルを「4Gスマートフォンの集大成」と位置づけ、来年以降のフラッグシップモデルはすべて5G通信対応となると明言しています。

これで2020年夏モデルの次期XperiaフラッグシップやGalaxy S11シリーズといった同社が夏モデルとして毎年リリースしている定番フラッグシップが5G通信対応となることは確定的

さらにクアルコムが先日正式発表したSnapdragon 865ではチップ本体に4G、5Gのいずれのモデムも内蔵されておらず、4G通信だけをするにしても別に4G/5Gチップ(Snapdragon X55)を「セット購入」することが必須となっています。

よって、SD865を搭載する来年のスマートフォンは少なくともハード的には5G通信対応で「なければならない」ということに。

一方で、Huaweiが禁輸問題で不安定な中、国内キャリアが来年にSD865以外のチップを搭載したフラッグシップをリリースするとは思えません。

また、仮にP40/P40 Proといった機種がリリースされたとしてもこれらもすでにデフォルトで5G対応となっている可能性高し。

よって、5G対応フラッグシップ宣言をしたドコモに限らず、auもソフトバンクも2020年にリリースするフラッグシップ/ハイエンドは必然的にすべて5G対応、といことになります。

2020新型 5G Xperiaについて

ソニーがSD865搭載+5G対応の新型Xperiaフラッグシップを最低でも1モデルは開発中であることは確実。

そして有名リーカーからの情報では同機種が4Kディスプレイを搭載し、Xperia 1の後継機として2月末のMWC 2020でリリース発表されることも9割方確定しています。

また、これはまだ噂レベルですが、同機種は最低でも8GB RAM (12GBとのちょっと信じがたい噂もあり)、そしてカメラについてはXperia 1と同じトリプル仕様ながら、まったく異なる構成となる可能性が高そうです↓

AQUOS R4も5G対応へ

SD865=5G対応必須、ということで同チップを搭載する新型AQUOS R、AQUOS R4が5G通信対応となることは確実。

また、シャープは今年夏に5Gプレサービスの一環として5G通信対応のAQUOSプロトタイプも展示しているので、かなり5G通信対応には積極的という印象です。

ただ、あくまで噂ですが、来年の一部AQUOSはネーミングルールを変更する、という情報もあるので、AQUOS R4としてはリリースされない可能性もありそうです。

京セラも5G対応タフネススマホをリリース?

京セラは1月初めのCES 2020で5G通信対応スマートフォンのプロトタイプを展示することが確定しています。

京セラ 5G対応のタフネススマホ「TORQUE 5G」を開発中か?CESでプロトタイプ展示へ
国産5Gスマートフォン、と言えばMWC2020でソニーモバイルからの発表が期待されているS865搭載の新型Xperia。ドコモが春に商用サービスを開始する前に発表・リリースされるという噂もありますが、これについてはまだ不明な点が多く不確実な

しかもその端末は「5G高耐久スマートフォン/タブレット」とのことで、TORQUEシリーズを匂わせるモデルの模様。

ただ、ご存知のように京セラは以前より「ミッドレンジ専門」でSnapragon 865を搭載したモデルをリリースする可能性はかなり低いと思われます。

となると、夏モデルとして5G対応機種を展開するとしてもSnapdragon 765もしくは765Gを搭載したモデル、という可能性が高そうです。

arrows NXも5Gモデルで復活!?

これは秋冬モデル発表のころ、数か月前の話ですが、富士通が来年夏モデルとしてドコモからハイエンドモデルをリリースするという信頼性の高い情報がでてきています。

富士通、5G対応のハイエンド新型Arrowsをリリース予定、ただし来年夏モデル
発表会まであと1週間弱となったドコモ秋冬モデル。今のところ、Xperia 5 SO-01MやGalaxy Note 10+ SC-01M、ミッドレンジGalaxy SC-02Mなどの存在が確認されていますが、どうやら近シーズンにドコモから5

これ、「ハイエンド」というからにはSD865搭載ということに。
そしてSD865搭載ということは先述の理由で 5G対応が確実ということになります。

となるとarrows NXシリーズの復活、でしょうか。

もちろん全く異なる新シリーズとして展開される可能性もありますが、富士通がハイエンド市場に再参入、というのはいろいろな意味で感慨深いですね(←特にSnapdragon 810あたりの時代を知っている人にとっては)

Galaxy S11シリーズは既定路線

2020年夏モデルとして5G対応のGalaxy S11シリーズがリリースされることは言うまでもないでしょう。

ただ、来年のGalaxyシリーズではミッドレンジ、それもかなり低めのミッドレンジですら5G通信対応モデルがリリースされると言われています。

これが日本でリリースされるとは限りませんが、夏モデルとしてリリースの5G Galaxyはハイエンドだけではない、という可能性は十分にあると思います。

また、先述のように夏モデル前にGalaxy S10もしくはNote 10+の5Gモデルが投入される可能性は無きにしも非ず、といった感じです。

2020/2/6追記:

本日、日本向け5G端末としては初となるLG製モデルがFCC認証を通過しました。

国内初の5G対応スマホはLG製モデルに?日本の技適取得モデルがFCCを通過
LGの日本仕様向けとみられる新型モデルがFCCを通過しました。ご覧のように日本の総務省の技適も取得済。なお、これを最初に伝えたBlog of Mobileによると、型番規則からしてこのモデルはドコモ向けになる可能性が高いとのこと。また、オプ

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました