AQUOS sense4/liteに不具合改善アプデ、画面真っ暗・フリーズ・電源落ち問題が改善か

スポンサーリンク

シャープの最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense4。

ドコモからだけでなく、複数のMVNOからもSIMフリー版が展開されており、Androidスマートフォンとしてはすでに週間売上でNo.1。
前モデルのsense3同様に今年の初夏くらいまでは一番人気機種をキープしそうな雰囲気です。

一方、このAQUOS sense4ではかなり前からちょっと気になる不具合報告も。

具体的には端末がブラックアウト、フリーズ、電源が落ちるといった症状で、価格.comやTwitter、5ちゃんんるなどで複数の報告が上がっています。

AQUOS sense4で気になる不具合、知らない間に電源落ちの報告
シャープの最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense4。AndroidスマホとしてはSIMフリー版が2週連続で売上トップ、ドコモ版も上位につけており、前モデルのAQUOS sense3同様に今冬~春にかけての一番の売れ筋となりそうです。

この症状、使用中に発生することもあれば、スリープ中にいつの間にか、というケースも発生しており、電源が完全に落ちているのか、電源は入っているものの画面が点灯せずフリーズ状態、つまりブラックアウトしているのかははっきりとしたことは分かっていません。

ただ、画面が点灯せず操作不能になる、という点はほとんどの報告で共通しています。

そんなAQUOS sense4ですが、この一連の不具合を改善するためと思われるアップデートが提供されていました。

「まれにディスプレイが点灯しない事象の改善」とのことで、まさにこれは「ブラックアウト」問題の修正とみて間違いなさそう。

ちなみに今回のアップデートはSIMフリー版、SH-M15向けのものでビルド番号は01.00.11。

ファームウェアのバージョンからするとドコモ版よりも新しいもの、ということになります。

なお、このアップデートは兄弟モデル、楽天版のAQUOS sense4 liteに対しても同日に提供。

このモデルも無印sense4同様の問題が報告されていたので、今回のアップデート改善されるものと思われます。

AQUOS Sense4/lite/basicおすすめケース:かわいい、耐衝撃、手帳タイプ、リング付き
ドコモの2020年冬春モデル、そしてその他複数のMVNOからもSIMフリーモデルとして展開されているシャープのミッドレンジモデル、AQUOS sense4シリーズ。今冬一番の売れ筋となっており、その分ケースの種類も豊富。でもそれだけに自分に

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました