Galaxy Noteシリーズの廃盤は確実、2021年ラインナップにNote 21は存在せず

スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップと言えばGalaxy Note 20シリーズ。

国内でもドコモおよびauからGalaxy Note 20 Ultraが発売されていますが、このGalaxy Noteシリーズ、そうやら現行モデルが最後のGalaxy Noteとなりそうです。

これによると来年(this yearは間違いとのこと)のGalaxyフラッグシップ・ラインナップは:

Galaxy S21 FE
Galaxy S21
Galaxy S21+
Galaxy S21 Ultra
Galaxy Z Fold 3
Galaxy Z Flip 3
Galaxy Z Fold FE

という7機種になるとのことで、Galaxy Note 21シリーズの名前がありません。

よって、同シリーズは今回のNote 20シリーズを最後に廃盤、ということに。

これ、有名リーカーMax Weinbach氏からのものでのほぼ確実な情報とみて良いでしょう。

また、今回の情報の少し前には別の有名リーカー、ice universe氏も現時点でGalaxy Note 21シリーズが開発中であると言う兆候は全く見られない、という情報をリークしています。

もともとGalaxy NoteシリーズはGalaxy Sシリーズとのサイズ差が縮まってきており「大画面スマホ」としての存在意義がなくなりつつあります。

また、Galaxy S21シリーズは少なくともGalaxy S21+もしくはS21 Ultraがスタイラスペンに対応することが確実となっており(ペンの格納スペースはないようですが)、Noteシリーズの意義というのはかなり薄れてきています。

そういった意味でGalaxy Noteシリーズがいずれは廃盤となるのは自然な流れとも言えそうですが、それでもGalaxyの「看板シリーズ」が一つなくなるというのはちょっと寂しいような気もします。

コメント

  1. hIde より:

    Sペン格納してください。

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました