Galaxy Note 20 Ultra、最新アプデでバッテリー持ち向上

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップモデル、Galaxy Note 20 Ultra

auからは10月16日に、ドコモからも来週正式発表されることが確実となっています。

一方、同モデルはすでに海外の多くの国・地域で発売済みとなっており、先日、10月分のセキュリティパッチを含むアップデートが提供された模様です。

SAMMOBILEが伝えたところによると、このアップデートには端末のバッテリー持ちを向上するパッチも含まれているとのこと。

確かに、このGalaxy Note 20 Ultraは5000mAhという大容量バッテリーを搭載しながらも バッテリー持ちはそれほど良くない模様。

以下のau公式サイト上の比較でも、Xperia 5 IIとほぼ同等。
また、同容量のバッテリー搭載のGalaxy S20 Ultraと比較するとかなりバッテリー持ちが良くないという印象を受けます。

ちなみに国内版Galaxy Note 20 Ultraはおそらく9月分セキュリティーパッチの状態でリリースされると思われ、ひょっとするとリリースと同時に最新アップデートが提供される、という可能性もありそうです。

なお、今回の最新アップデートではカメラおよびダークモードの「安定性」も向上しているとのことです。

コメント

  1. Gala より:

    au発売は15日
    docomoは秋モデル発表時期未公表
    Galaxy Note20 Ultraのバッテリー容量は4,500mAh

    誤った情報はやめてください

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました