Dimensity 800搭載、廉価版の新型Xperiaと思われるベンチスコアが発見か

スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新Xperia、と言えば当然Xperia 5 II。(au版もソフトバンク版も17日発売)

その一方で、来年のフラッグシップ、Xperia 1 IIIについての推測や噂情報も少しずつ出回ってきているようです。

しかし今回、このXperia 1 IIIではないミッドレンジスペックの次期Xperiaのものと思われるベンチマークスコアが発見された模様です。

これ、RedditのXperia 5 IIについてのスレッド上に投稿されていたもので、実際にGeekbench上に掲載されているかは不明。

またモデル名の部分に「PM-1361」とあるだけで、どこにも「SONY」や「Xperia」の記述はありません。

ただ、ソニーのサーバー上には現在、PM-135X-BVまでOEM IDが確認されており、この機種はXperia 1 IIIもしくはXperia 10 IIIになる可能性が高そう。

そして、この「PM-1361」はまだソニーのサーバー上でも未掲載ですが、フォーマットからすると 実在する「PM-135X」の後続機 、未発表の次期Xperiaの一つ、ということに。

Mediatek製「Dimensity 800」搭載で5G通信対応に

さらにこのモデル、興味深いことに搭載チップはMT6873。これは今年前半にMediatekがした 5G対応ミッドレンジ向けチップ、Dimensity 800の型番です。

よって、この謎の新型Xperiaも当然5G対応、ということに。

なお、今のところ国内ではSIMフリーも含めてこのDimensity 800を搭載しているモデルは発売されていないはずです。(間違ってらごめんなさい)

エントリーモデルではなくXperia 10 IIIに搭載の可能性も?

一方、ソニーはXperia Lシリーズを初め、以前よりエントリーモデルにはMediatek製チップを複数モデルに搭載しています。

ただ、Dimensity 800はローエンド向けのチップではなく、ベンチマークスコアからしてもSnapdragon 700番台と同等、もしくはそれ以上の性能を持つミッドレンジ、もしくはアッパーミドル向けのチップ。

よって、このモデルが実在するとしてもXperia L4の後継機となるエントリーモデルに搭載されるとは限りません。

ひょっとするとXperia 10 IIIやXperia 10 III Plus、もしくはその他の新型ミッドレンジモデルに搭載、という可能性もありそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました