1.4万円の新型moto、5000mAh搭載のmoto e7 plusが国内でもリリースへ

スポンサーリンク

モトローラのミッドレンジシリーズ「moto」の最新モデル、moto e7 plusが総務省の技適を通過。
国内でもリリースされることが確実となりました。

XT2081-3という型番で、このモデルはすでに海外でmoto e7 plusのものと確認されています。

moto e7 plusのスペック

・ディスプレイ:6.5インチ、720 x 1600 (HD+)、LCD

・OS:Android 10

・サイズ:165.2 x 75.7 x 9.2 mm

・重量:200 g

・SIM: デュアルSIM

・CPU: Snapdragon 460

・メモリ:4GB RAM

・ストレージ容量:64GB

・イヤフォンジャック:あり

・リアカメラ:
48 MP, f/1.7, 26mm (広角), 1/2.0″, 0.8µm, PDAF
2 MP, (深度)

・フロントカメラ:8 MP, f/2.2, 26mm (広角), 1/4″, 1.12µm

・Bluetooth 5.0, A2DP, LE

・バッテリー容量:5000mAh

・充電:10W

・カラー:ネイビーブルー、アンバーブロンズ

また、このmoto e7 plusはすでにインドでは先行発売されており同国での価格は₹ 9,499(約1.4万円)とかなり安価。

国内での価格はこれより高くなるとは思いますが、それでも1.6~1.8万円といったところではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました