【CPU対決】AQUOS sense4、sense5G、zero5G basicのベンチマークスコア比較

スポンサーリンク

先日シャープが発表した2020年秋冬にリリースされる新型AQUOS。

・AQUOS sense4
・AQUOS sense4 plus
・AQUOS sense5G
・AQUOS zero5G basic

というラインナップで、いずれもミッドレンジながら搭載チップは異なりAQUOS sense4/sense4 PlusはSnapdragon 720G搭載、sense5GはSnapdragon 690、zero5GはSnapdragon 765Gを搭載となっています。

一方、これらのチップはそれぞれ微妙に世代が異なり、一概にチップの型番の数字の大きさだけでは性能を判断できない部分も。

ただ、いずれの機種もまだベンチマークスコアは出てきていませんが、これらの機種に搭載されているCPUを搭載した別モデルのものは多数存在します。

というわけで今回は、これら4モデルに搭載されるチップのベンチマークスコアを比較してみたいと思います。

SD720、SD690、SD765Gベンチマーク比較

 SD720G
(AQUOS sense4/sense4 plus)
SD690
(AQUOS sense5G)
SD765G
(AQUOS zero5G basic)
シングルコア567609600
マルチコア175917281707

CPUなどのベンチマークスコアをまとめているNOTEBOOKCHECKのデータからのものですが、SD690についてはまだ未掲載なのでGeekbenchで発見された同チップ搭載のOneplusの未発表モデルのスコアを使っています。

シングルコア、マルチコアでどのチップでも非常に近いスコアとなっており、誤差の範囲内とも言えそう。

一方、各チップのスペック比較では:

 SD720GSD690SD765G
CPU2 + 6 コア
2.3 GHz Kryo 465
Gold – Cortex-A76 

1.8 GHz Kryo 465
Silver – Cortex-A55 
2 + 6コア
2.0 GHz Kryo 560
Gold – Cortex-A77
+
1.7 GHz Kryo 560
Silver – Cortex-A55 
1 + 1 + 6コア
2.4 GHz Kryo 475
Prime – Cortex-A76
+
2.2 GHz Kryo 475
Gold – Cortex-A76
+
1.8 GHz Kryo 475
Silver – Cortex-A55 
GPUAdreno 618Adreno 619LAdreno 620
DSPHexagon 692Hexagon 692Hexagon 696
Fab8nm8nm7nm
発表/リリース2020年Q12020年Q42020年Q1

ご覧のように理論上の性能はSD765Gが一番高そうですが、ベンチマークスコアではほとんど違いがない、というのが興味深いところ。

ただ、SD765Gだけは7nm製造なので8nmのSD690やSD720Gよりも省電力性能では優れている可能性もありそうです。

いずれにせよ、AQUOS sense4/4 plus、AQUOS sense5G、AQUOS zero5G basicを選ぶうえで単純なベンチマーク比較だけならばどれも大きな違いはない、と言えそう。

となるとあとはサイズやカメラ、バッテリー容量、価格、そしてリリースのタイミングなどでの選択、ということになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました