新型AQUOS 3モデル、AQUOS sense4シリーズか?SD765/SD730搭載ミッドレンジのベンチマークが発見

スポンサーリンク

ここ最近、Xperia 5 IIやGalaxy Note 20 Ultra、Z Fold 2など、各キャリアの2020年秋冬(2020-2021冬春)モデルとしてリリースされるであろう機種の情報が少しづつ増えてきている、という印象。

そして今回、同シーズンの新モデルとしてリリースされそうな新型AQUOSのものと思われるベンチマークスコア発見されました。

今回Geekbench上で発見されたのは異なるスペック、つまり異なるモデルと思われる3つの型番、搭載すると思われる3つのモデル、W-115、SM076、SM063。

W-115に搭載のチップ、SM7250はSnapdragon 765もしくは765Gで5G対応。
メモリは6GB RAMとなっています。

SM076のSM7125はPixel 4aなどにも搭載しているSD730のもので5Gには非対応。ただ搭載メモリは8GB RAMと上位チップ搭載のW-115よりも多くなっています。
(ミッドレンジで8GB RAM搭載というのはまだ結構珍しいです)

SM063のチップについては「Jerid」とあるだけで詳細は不明。ただ、Identifierは上記のSM076のものと一致しているのでSD730という可能性が高そう。
ただ、こちらはメモリが半分、4GB RAM搭載となっています。

いずれも既存のAQUOSスマートフォンのものでないことは確かでこのうちのどれかが秋冬モデルとして各キャリア、SIMフリーとしてもリリースされるであろうAQUOS sense4のものである可能性はかなり高そうです。

それにしてもAQUOSの未発表ミッドレンジモデルが一気に3モデルも発見される、というのはかなり珍しいです。

ひょとすると、AQUOS sense3、sense3 plus、sense3 baseのように同じAQUOS sense4シリーズに属する別モデル、という可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました