新型Pixel、Pixel 4aでリリース前に不具合の報告、輝度センサーに問題あり?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleの新型Pixel、Pixel 4a

前モデルのPixel 3aよりも価格はかなり抑え気味ながらSD730搭載でスペックはミッドレンジとしては十分、といった感じ。

国内でも少なくとも秋冬モデルがリリースされるまではかなり人気が出るのではないかと予想しています。(個人的にはXperia 10 IIの強力なライバルになるような気もします。)

ただ、そんなPixel 4aで発売前にちょっと気になる不具合が発見された模様です。

これ、左がPixel 4aとのことで、周りの明るさを測定するアプリが動作している様子の動画。

ご覧のように右の端末では照度がほぼ一定なのに対し、Pixel 4aでは照度のグラフが大きく上下しているのが分かります。

これ、要は輝度センサーが照度を正確にキャッチしせず、異常反応をしている、ということ。

一方、スマートフォンの画面の自動輝度調整がおかしい、というのは珍しい不具合ではありません。

また、他機種の過去の例では大半がソフトウェアのアップデートで修正されているので、現時点で過度に心配をする必要はないと思います。

ただ、ハードウェア起因の不具合という可能性も排除はできないので、心配な方は発売後しばらくは様子見をした方が良いかもしれません。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました