Galaxy Note 20シリーズはカメラも脱ソニー?「自家製パーツの力」を売りに

サムスン電子が8月5日に「Unpacked」イベントで正式発表する最新Galaxyフラッグシップ、Galay Note 20シリーズ。

レギュラーのGalaxy Note 20も上位モデルのNote 20 Ultraもすでに公式レンダリング画像からスペックまで、ほぼすべての情報がリーク済みとなっています。

しかし今回、このGalaxy Note 20シリーズの興味深い「セールスポイント」についての情報がでてきました。

ドイツメディア、wfcdnが独自情報として伝えたもので、これによるとGalaxy Note 20/Note 20 Ultraのセールスピッチの一つが”the power of our own components”、「自社製パーツのパワー」になるとのこと。

同サイトによると、これはNote 20シリーズでは大半のパーツがサムスン製に統一されることを示している可能性が高いとのことです。

一口にスマートフォンのパーツと言ってもディスプレイ、CPU、メモリ、ストレージ、カメラなどなどの主要なものから細かいパーツまでその数は膨大。

ただ、「自社製パーツのパワー」をわざわざ売りにする、ということは少なくともメジャーなパーツに関してはサムスン製になることが予想されています。

となると、カメラセンサーも例外ではない可能性も。

サムスンはすべてのセンサーの型番を公表しているわけではありませんが、以下はGSMArenaがGalaxy S20シリーズのカメラコンポーネントを紹介していた内容。

 Galaxy S20 UltraGalaxy S20+Galaxy S20
メイン108MP S5KHM112MP IMX555, 1.8µm12MP IMX555, 1.8µm
望遠48MP IMX586, 1/2″, 0.8µm64MP S5KGW264MP S5KGW2
超広角44MP S5KGH1, 1/2.65″, 0.7µm12MP S5K2LA12MP S5K2LA
ToFIMX518IMX516
フロント10MP IMX375, 1/3.2″, 1.22µm10MP IMX375, 1/3.2″, 1.22µm10MP IMX375, 1/3.2″, 1.22µm

サムスンはここ数年、カメラセンサーにも力を入れているようですが、ご覧のように少なくともまだカメラについてにまだ100%自家製、とはなっていません。

しかし、今回の情報によるとGalaxy Note 20シリーズではこのカメラ・コンポーネントもすべてサムスン製となる可能性があり、これはなかなか興味深いところ。

そういえば先日、次期Xperia、仮称Xperia 5 IIでは少なくともリアカメラはすべてソニー製センサーが搭載されるという噂がありました。

Galaxyはサムスン製センサーのみ、Xperiaはソニー製センサーのみ搭載となるとそれはそれでなかなか興味深い特徴がでそうです。


コメント

  1. Xperia愛好家 より:

    カメラモジュールはSONYが勝っている。サムスン製のパーツが増えるならますますGalaxyわ買う理由がなくなる。

タイトルとURLをコピーしました