Googleがデビットカードを発行へ?「Google Card」がリーク、Apple Cardに対抗か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleが新たな支払いサービスに関連するプロダクトを準備中のようです。

TechCrunchが入手したいくつかのスクリーンショットから明らかになったもので、同社は現在、”Google Card”こと、決済用の物理カードをリリース予定の模様。

このカードはいわゆるデビッドカードで銀行口座とリンクされ、支払額はそこから引き落とされる形になるとのこと。

すでに米国ではCITIBANKやFederal Credit Unionといった大手銀行との共同ブランドで発行することまで決まっているようです。

この”Google Debitカード”当然、スマートフォンのアプリとの連動しリアルタイムで支払い状況や残高が確認できる、という仕組み。

当然、Googleがすでにサービスを提供しているGoogle Payサービスの一環となると思われます。

昨年、Appleがクレジットカード「Apple Card」の取り扱いを開始したのは記憶に新しいところ。

日本にはまだ未上陸のこのApple Cardはあくまで「クレジットカード」なので信用調査の対象になり、だれでも作れるという訳ではありません。

一方、このGoogle Cardはデビッドカードなので、紐づけする銀行口座さえあればだれでも作ることができるというメリットがあります。

おサイフ/Felicaと現金が主流の日本とは異なり、米国などではスマートフォン支払いができない店舗でカードで支払いをする、というケースはかなり多い模様。

そういった際に、支払記録などを一括管理できるという意味では非常に便利なような気もします。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました