Galaxy Note 20 Ultraには新機能「アダプティブ120Hz」搭載、ただし解像度はFHD+

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8月5日に正式発表予定の新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズ。

すでにSD865+を搭載することが公式ティザーされ、外観も公式レンダリングがリークされるなど、ほぼ全貌が明らかとなっています。

ただ、細かい機能などについてはまだ不明な部分が多数あるのも事実。

そんな中、このGalaxy Note 20 Ultraのディスプレイ周りについて新情報がでてきました。

Galaxy Note 20 Ultraには「アダプティブ120Hz」オプションが搭載

これによると、Galaxy Note 20 Ultraでは「アダプティブ120Hzオプション」という新機能が搭載される、とのこと。

これ、詳細は不明ですがアプリやコンテンツによって自動的に60Hzと120Hzを切り替えるためのオプション機能だと思われます。

120HzでのQHD+表示は非対応

一方、Galaxy Note 20 Ultraでも120Hz表示の際の画面解像度はFHD+になるとのこと。

Galaxy S20シリーズも120Hz表示の際は画面解像度がFHD+に強制的に落ちる仕様となっており、この点はNote 20シリーズでも変更はない、ということに。

なお、無印のGalaxy Note 20ですが、こちらはそもそも120Hzリフレッシュレート自体に非対応で60Hzもしく90Hzディスプレイになる可能性が高いようです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました