Pixel 5はSD765搭載確定で初の「ミッドレンジ」に、2020年PixelにSD865搭載モデルは「なし」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleが秋ごろにリリースすると予想されている次期Pixel、Pixel 5。

今回、このPixel 5に搭載されるCPUがクアルコムのSnapdragon 765となることが確定した模様です。

これによると、Pixel 5に採用されるチップはSnapdragon 765となり、2020年はトップティア、つまりSD865を搭載したPixelはリリースされない、とのこと。

Pixel 5シリーズに搭載されるチップがSD765搭載となることは以前より9割方判明していました。

ただ、これはあくまでOSコード内にある「redfin」コード名を冠する機種について、これが「Pixel 5」シリーズであるという確証はありませんでした。

しかし今回、Android Policeのエディターが独自のソースから「確認」したとのことなので、Pixel 5に搭載のチップがSD765となることは100%確実となったといって良いと思います。

ちなみに過去のPixelシリーズのフラッグシップはすべてSnapdragon 8XXを搭載していたので、同シリーズは今年のモデルで初めてミッドレンジ機種になることになります。

また、先日の情報ではこのPixel 5の価格は前モデルのPixel 4より1万円強安くなる可能性も高そうです。

なお、今のところPixel 5の大型版となるPixel 5 XLについての情報はほぼ皆無といった状態。
よって、Pixel 4aシリーズ同様に今年から「XL」シリーズは廃止したという可能性はありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました