モトローラ最新モデル、moto g30とmoto g10が正式発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年からモデル名のネーミングルールをg10~g100までに変更したモトローラのmoto gシリーズ。

新ネーミングルールになって初めてのモデル、2機種が正式発表されました。

今回発表されたのはmoto g30とmoto g10。

moto g30

ノッチディスプレイにベゼルは太目で外観は「ザ・ミッドレンジ」といった感じ。

背面のクアッドカメラは、メインセンサーは64MPですがクアッドピクセル・センサーのため、出力される画像の画素数は最大16MP。センサーのピクセルサイズは1.4 µm、F値はf/1.7。

その他、超広角カメラは8MP、2MPのマクロ、2MPの深度センサーが搭載されています。

なお、フロントカメラは13MPセンサー。

ディスプレイはLCDでサイズは6.5インチ、解像度はHD+(1600 x 720)ですが、90Hzリフレッシュレートに対応とのこと。

搭載チップはちょっと古めのSnapdragon 662でメモリは4GB/6GB RAM、ストレージ容量は128GB。

バッテリー容量は5000mAhで20Wの高速充電に対応、カラーはパステルスカイとファントムブラック。

moto g10

前面デザインはmoto g30とほぼ同じのmoto g10
裏面は波のような凸凹がある模様

moto g10はスクリーン周りのスペックはmoto g30とほぼ同じ。6.5インチのHD+ですが、90Hzリフレッシュレートには非対応です。

カメラはmoto g30よりダウングレードされ、メインカメラは48MPですが8MPの超広角と2MPのマクロ・深度センサーは同じものが採用されています。

搭載チップはSnapdragon 460でメモリおよびストレージ容量は4GB/64GB。

バッテリー容量は5000mAhですが、充電速度は10Wとmoto g30より遅くなっています。

なお、両モデルとも3.5mmイヤフォンジャック搭載、microSDカード対応でデュアルSIMとシングルSIMモデルが存在。防水防塵はIP52レーティングとなっています。

価格はmoto g10が150ユーロ(約1.9万円)、moto g30が180ユーロ(2.3万円)とのことです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました