次期Galaxy Note 20ではパンチホール周りに「インジケーター」搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンが2020年後半にリリース予定の新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズ。

今のところ、同シリーズはNote 20とNote 20+の2モデル展開で「Ultra」はなし。
そして両モデルともスクリーンサイズは前モデルよりも若干大きくなると言われています。

そんなGalaxy Note 20シリーズで採用される可能性のある新たな前面カメラ「周り」の特許技術が発見された模様です。

LETSGODIGITALが伝えたもの。

ご覧のように前面カメラ用のパンチホール横、もしくはその周りにインディケーターが搭載されています。

これはダウンロードの進捗具合やタイムラプス撮影の際に表示されるといった用途が考えられるようですが、詳細は不明です。

もちろん、特許を申請・取得した技術でも実用化されないものは多々あり、また、実用化されるとしても次期Galaxyモデルで採用されるという確証はありません。

ただ、Galaxy Note 20シリーズは前面カメラがデュアル仕様でピル型のパンチホールになることはほぼ確実。

そういった点からして、もしこの技術が実装されるとすれば次期Galaxy Noteモデルが最も可能性は高そうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました