Oppo Find X2 「Lite」と「Neo」の正体、スペックが判明、中国版Reno 3/3 Pro

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Oppoの最新モデルと言えばOppo Find X2シリーズ。

国内でもauが7月に上位モデルのOppo Find X2 Proを発売予定となっており、価格次第では2020春夏モデルの台風の目となりそうな予感。

一方、このFind X2シリーズには以前より2つの廉価版モデルが存在すると言われており、それぞれOppo FInd X2 LiteおよびOppo Find X2 Neoという機種名で展開される可能性が濃厚となっています。

そして今回、このOppo FInd X2 Lite/Neoの正体及びスペックが明らかになりました。

XDAがFCC通過情報から確認したもので、これによるとOppo FInd X2 LiteとOppo Find X2 Neoはそれぞれ昨年末に中国でリリースされているReno 3およびReno 3 Pro 5と異名同機種ということが判明した、とのこと。

Oppo Find X2 LiteとOppo Find X2 Neoの違い

Reno 3=Find X2 Lite、Reno 3 Pro=Find X2 Neoなので、すでに判明しているReno 3シリーズのスペックで比較。

左:Find X2 Lite (Reno3)、右:Find X2 Neo (Reno 3 Pro)

ご覧のようにFind X2 Liteはフラットスクリーンなのに対し、Find X2 Neoはカーブスクリーン、ということになります。

ディスプレイサイズはNeoが6.5インチに対しLiteは6.4インチ。いずれもAMOLEDを搭載。

また両者の最大の違いは搭載チップでFind X2 LiteがMediaTek製のDimensity 1000なのに対し、Find X2 NeoはクアルコムのSD765Gとなっています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました