次期Xperia「Xperia 5 II」は前モデルよりコンパクト化、5Gスマホ初の5インチ台に?

スポンサーリンク

ソニーの2020年版新型Xperia、と言えばXperia 1の後継機としてリリース予定のXperia 1 II。

国内版は少なくともドコモが4月末、auが5月に発売することが確定している同モデルですが、今回、2020年後半にリリースされるであろう次期Xperiaフラッグシップについての興味深い情報がでてきました。

Weibo上に投稿されていたもの。

私のソースによると2機種目の2020年XperiaフラッグシップはXperia 1よりもかなり小さく、さらにXperia 5よりも少し小さくなる。
画面サイズは5.6~5.8インチくらいになるはず。

ただ、このモデルがXperia 5の後継機となるかは知らない。

この投稿者は過去にも複数のリーク情報を流していますが不正確なものも多々あるので信ぴょう性は微妙。
また、今回は別のソースからの情報を載せている模様です。

ただ、情報が事実ならばかなり興味深い内容。

これがXperia 5の後継機、つまりXperia 5 IIに該当する機種となるかは分からない、とのことですが、今のところの情報でソニーが2020年モデルとしてXperia 5の後継機以外に同モデルより小さいハイエンドモデルをリリースするという可能性は非常に低いと思われます。

よって、機種名はともかくとして、位置づけとしては2020年モデルの2機種目のハイエンドXperia=Xperia 5の後継機になる可能性が極めて高いと思われます。

5G対応機種では希少なコンパクト「気味」の新型Xperiaに?

Xperia 1とXperia 1 IIのディスプレイはいずれも6.5インチで端末の縦横幅はほぼ同じ。
一方、Xperia 5は6.1インチです。

Xperia 5はXperia 1の小型版モデルという位置づけですが、確かに0.4インチの画面サイズの違いでは差別化が難しいような気もするので、一層のこと5インチ台まで小型化した方が良い、というのは一理あるような気もします。

また、2020年モデルとして発表・リリース済みの5G通信対応機種はすべて6インチ超えで5インチ台の5G通信対応フラッグシップというのはまだ発表・リリースされていません。

これについては5G向けのアンテナのスペース確保などで端末サイズを大きくせざる得ない、とも聞いていますが、そんな中で5インチ台の5Gモデルがリリースされれば結構需要はあるような気もします。

ただ、技術の進歩で小型化が可能になるという可能性は十分あるわけで、もし今回の情報が正しければこの新型Xperiaは初の5インチ台の5Gモデルになる、という可能性もありそうです。

コメント

  1. くるよ より:

    縦横比は21対9のサイズになるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました