モトローラの新型「フォルダブル」、Motorola razr 2019の公式画像がリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラ製スマホと言えば、先日正式発表されたmoto g8シリーズやAndroid Oneブランドで展開するMotorola Oneシリーズが有名。

しかし、今度は新型のRaze Phone 2019をリリース予定、今回その公式画像がリークされていました。

カメラはシングル仕様、前面下部のベゼルに指紋認証らしきものが搭載されています。

Razr Phoneはフリップ式携帯全盛期に大人気となったシリーズで、国内でも何機種かリリースされたことがあります。

そして今回、このRazr Phoneがスマートフォンとして復活、ということに。

このRazr Phone 2019はかなり以前からコンセプト画像がリーク情報がでていましたが、基本的には一つの画面が二つ折りになる「フォルダブルスマートフォン」になる、と言われていました。

しかし、今回の画像を見る限り、同モデルは開閉部分でディスプレイが2つに分かれているように見えますが、どうなんでしょう。

なお、これまでの情報ではこのRazr Phoneのスペックは6.2インチ OLEDでメインスクリーンの解像度は800 x 600px。搭載チップはSD710でメモリは4/6GB、ストレージは128GB、バッテリー容量は2730mAhと言われています。

価格については1500米ドル前後と言われており、Galaxy FoldやMate Xと比べれば安価。ただ、ミッドレンジ仕様でしかも中央で画面が分かれたタイプ、となると割高感は否めません。

もしそうだとすれば、過去にも複数存在した俗にいう「2画面スマホ」と変わりはなく、発表時にガッカリ、という可能性も。
(記事タイトルの「フォルダブル」を「」で囲ったのもそのためです)

なお、次世代フォルダブル・スマートフォンについてはサムスンが来年前半にもGalaxy Foldの廉価版、通称Galaxy Fold2をリリースすると言われており、同モデルはこのRazr Phone同様の縦開きタイプになるとも言われています。

また、過去には Xperiaも初のフォルダブルを開発中というリーク情報もでていますが、こちらについてはまだ具体的な後続情報がなく、どういったタイプになるのかは全くの不明です。

追記:

先ほど、画面が分かれているように見える、と書きましたがこれは間違い。

追加で何枚かの画像が発見されました。

ご覧のようにちゃんと両方の画面が繋がっています。

スクリーンのアスペクト比は22:9もしくは23:9くらいでしょうか。

ただ、この長さならば6.2インチくらいは十分ありそうです。

また、裏面、閉じた状態での前面にも小型のディスプレイが搭載されており、ここからも簡単な操作は可能な模様です。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました