新型ミッドレンジPixelはやはり2モデル、Pixel 4aは4G、Pixel 4a XLは5G対応へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pixel 4シリーズのミッドレンジモデル、Pixel 4aシリーズ。

昨年のPixel 3aシリーズと同じパターンならば5月のGoogle I/Oで正式発表されることになると予想されていますが、今回、この2020年版の新型ミッドレンジPixelについての追加情報がでてきました。

先日のXDAからの情報では、

・Sunfish
・Redfin
・Bramble

という3つのコード名の存在が確認されており、SunfishがSD730、RedfinとBrambleがSD765を搭載、とされていました。

ただ、この時点はまだこれらが新型ミッドレンジPixelのものであるという確証はなかったようです。

そして今回、Google Camera 7.3のAPKファイル内のこれらのコード名近くに“pixel_20_mid_range”という記述が発見されたとのこと。

このことから、Sunfish、Redfin、Brambleの3つが2020年版のミッドレンジPixelのものであることがほぼ確実となった、とのこと。

ただ、RedfinについてはGoogleカメラのJava codeには記述されておらず、このことからこれについては端末のコード名ではなく開発ボードの名称である可能性が高いとのこと。

結果、SunfishがPixel 4a、BrambleがPixel 4a XLとなり、4aが4Gモデル、4a XLが5G対応モデルとなるようです。

ちなみに今のところ、Pixel 4aとされるミッドレンジPixelのレンダリング画像は有名リーカーよりリーク済ですが、Pixel 4a XLのものはまだでてきていません。

そのため、2020年PixelミッドレンジはPixel 4aだけでPixel 4a XLは存在しない、という情報も出回っています。

一方、このもう一つのミッドレンジPixel「Bramble」には最新の5G対応チップ、SD765搭載とのこと。

そのため、SD730搭載の無印のPixel 4aよりも単純に開発が遅れている、という可能性もあると思います。

となると、今回のPixel 4aシリーズでは無印とXLとでリリース時期がずれるとう可能性もありそうです。

ソース

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました