AQUOS zero2、ネックはやはり電池持ち、SD855搭載スマホ最低レベル、Xperia 1と同レベル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1月30日の発売まであと1週間となったドコモの新型AQUOS、AQUOS zero2
(au版もおそらく同日発売になると思われます)

一方、このAQUOS zero2は6.4インチディスプレイに対しバッテリー容量が3130mAhと比較的少ないのが気になるところ。

軽量ボディーにも関わらずスペック的には「重量級」で、価格も税込み約9万円とハイエンドモデルとしては比較的リーズナブル。

というわけで今回は、このドコモ版 AQUOS zero2の電池持ちをライバル機種と比較してみます。

AQUOS zero2 (SH-01M)とSD855搭載モデルとのバッテリー比較

機種ディスプレイバッテリー容量電池持ち時間
AQUOS  zero 2有機EL
6.4インチ
1080 x 2340
3130mAh105時間
AQUOS R3TFT
6.2インチ
1440×3120
3200mAh135時間
Xperia 5有機EL
6.1インチ
1080 x 2520
3000mAh130時間
Xperia 1有機EL
6.5インチ
1644×3840
3200mAh100時間
Galaxy Note 10+有機EL
6.8インチ
1440 x 3040
4300mAh145時間
Galaxy S10+有機EL
6.4インチ
1440×3040
4000mAh140時間
Galaxy S10有機EL
6.1インチ
1440×3040
3300mAh120時間

やはり電池持ちは2019年のSD855搭載モデルと比較しても最低レベル、Xperia 1と同じくらいとなっています。

一方、AQUOS R3と比較するとちょっと違和感も。

確かにディスプレイサイズはzero2の方が0.2インチ大きく、バッテリー容量も70mAh少なくなってはいますが、AQUOS R3はQuad HD+、zero2はフルHD+です。

よって、普通ならばこの解像度の違いがかなり両者の電池持ちの差を相殺するはずなのですが、これら2モデルのバッテリー持ちには約3割も違いがあります。

またzero2は有機EL、TFTですが、一般的には有機ELの方が省電力のはず。

測定方法の詳細は不明ですが、やはりzero2の一部環境下で作動する240Hz駆動が影響しているような気もします。

なお、au版AQUOS zero2の電池持ちについては数週間前にすでに公開済みとなっています。

AQUOS zero2の弱点バッテリー持ちが判明、sesne3の約半分、フラッグシップ最下位
シャープの新型AQUOSフラッグシップ、AQUOS zero2。機種名が示唆するとおり、このZero2の特徴は何といってもその「軽さ」。6.4インチで141グラムという軽さはライバル機種にはないものですが、そのトレードオフとして懸念されてい

ドコモ版とでは測定方法も異なるので両者の数値を比べても意味はないと思いますが、他機種との比較ではドコモ版もau版も似たいような電池持ち時間となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました