Galaxy S20/20+/S20 Ultraのスペックが「確認」、Ultraは221グラム、40MP前面カメラ搭載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの新型フラッグシップシリーズ、Galaxy S20、Galaxy 20+、Galaxy S20 Ultraの3モデル。

これら3モデルの大部分のスペックが「確認」された模様です。

Galaxy S20/20+/S20 Ultraのスペックの特徴・違い

・ディスプレイの解像度は3モデル共通で3200x1440P、20:9のWQHD+

・Galaxy S20 Ultraは108MPメイン・広角、光学10倍、デジタル100倍ズーム対応。S20/S20+は光学3倍、デジタル30倍ズーム

・3モデルとも8K 30fps動画撮影対応

・3モデルともフロントカメラも4K 60fps動画撮影対応

・Ultraのフロントカメラは40MP、S20/S20+は10MP

・Ultraの重量は221グラム!

今までの情報ではGalaxy S20 Ultraの望遠カメラは光学5倍ズームと言われていましたので10倍というのはちょっとしたサプライズ。

ちなみに先ほど3つ目のP40シリーズとして先ほど存在が確認されたHuawei P40 Pro Premium Editionも同じ光学10倍ズームとなっています。

S20とS20+のディスプレイのサイズ差は0.5インチ、S20+とS20 Ultraは0.2インチですが、重量差は重量差はほぼ同じ。

これはS20 Ultraの厚み部がS20/S20+よりも1ミリ程度増していることが大きいと思われます。

ただ、それぞれのバッテリー容量差は500mAhと同じなので、その他の何らかの要素が理由ということになりそうです。

ちなみにこれ、Exyonos搭載版S20シリーズのものなので、ストレージ容量についてはSnapdragon 865搭載版と異なる部分もあるかもしれません。

なお、今回のS20シリーズでExynos搭載版が展開されるのはアジアとヨーロッパのみとのことです。

気になるメモリサイズについて記述がありませんが、今のところの情報では3モデルとも12GB LPDDR5 RAMが標準搭載でUltraのみに16GB RAMバージョンが存在すると言われています。

なお、今のところの情報ではこのGalaxy S20シリーズの発売時期は3月上旬が濃厚な模様です。

ソース

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました