Xperia 1 IIIがまたもや辛辣評価、オーディオ評価でライバル機種に完敗

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新フラッグシップXperia、Xperia 1 IIIのスピーカー性能について、DXOMarkがレビューを掲載していました。

評価スコアは66ポイント。

これを他機種と比較すると:

同サイトがオーディオのレビューを開始したのはまだ比較的最近で、対象機種はまだ30機種あまり。
よって、相対的評価は限定的ですが、それでもXperia 1 IIIの66ポイント問う評価はあまり芳しくありません

ご覧のように、Galaxy S21 UltraやS21、Oneplus 9シリーズ、ASUS ROGphone 3など、SD888搭載の同世代ライバル機種には完敗
さらに旧型のiPhoneや昨年のミッドレンジ、Pixel 5にすら劣る結果になっています。

この結果、意外だった方も多いのではないでしょうか?

Xperia 1 IIIのスピーカーは個人的に使用した感想としてはかなり優秀、というか、トップレベルだと思うのですが、プロが評価すると違うのでしょうか。

なお、評価記事のまとめとして挙げられているこのXperia 1 IIIのオーディオ周りの長所・短所は:

長所

  • クリアで自然なトーンバランス
  • 豊かなステレオ感
  • 正確なアタックと不変のダイナミクス
  • 非常に整ったステレオバランス

短所

  • 低音域と中音域の厚みが不足
  • 平均以下のパンチ
  • ローカビリティーが低い
  • 音量性能が期待値より低い
  • ユーザーによるアーティファクト

ご存知のように、このDXOMark上でのXperiaのカメラ評価(Xperia 1 IIIのものはまだ未掲載です)はここ数年、かなり低めとなっており、これに実力が反映されていないなどと、否定的意見も少なくありません。

やはりオーディオについてもこれもカメラ評価同様、素人の評価とプロの評価には差が出るのかもしれませんね。

ソース:DXOMark

コメント

タイトルとURLをコピーしました