モトローラ初の5Gモデル、Motorola Edgeのスペックが判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lenovo傘下のモトローラの新型スマートフォンで同社ととしては初の5Gモデルとなる、Motorola Edgeの一部スペックが判明した模様です。

Google Play Consoleのページ上から明らかになったもので、搭載チップはSnapdragon 765、スクリーンの解像度は1080 x 2340、メモリは6GB RAMとなることが分かります。

ちなみに同モデルはすでにGeekbench上でベンチマークスコアも発見済み。

また、過去のリーク情報よりディスプレイサイズは6.67インチ、バッテリー容量は4500mAh、フロントカメラは25MP、リアカメラは64MPのメインカメラ、16MPの超広角、8MPの望遠カメラというトリプル仕様になることが判明しています。

なお、このMotorola Edgeには上位機種にあたるMotorola Edge+も存在。

Snapdragon 865を搭載しメインカメラは108MP、バッテリー容量は5,170mAh、メモリは最大で12GB RAMになる模様です。

なお、今回のMotorola EdgeもMotorola Edge+も4月22日に同時発表されることがほぼ確実で、Edge+についてはモトローラとしては約3年ぶりのハイエンドモデル、ということになります。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました