Redmi Note 10 Proに別バージョン、ソニー製センサー+LCD搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xiaomiの展開するサブブランド、Redmi。

国内でも今年すでに数機種が展開されており、そのうちの一つが約3.5万円のSIMフリーモデル、Redmi Note 10 Pro

価格的にはローワーミッドレンジという位置づけながら、メインカメラに108MPセンサーを搭載するなど、少なくともスペック上は今年これまでの機種でも最もコスパの高いモデルといっても過言ではありません。

さて、そんなRedmi Note 10 Proに「別バージョン」が存在する可能性がでてきました。

GIZMOCHINAが有名リーカー、Digital Chat Station氏からの情報として伝えたもので、これによると、未発表のRedmi Note 10 Proには6.6インチのFHD+ LCD、120Hz駆動のディスプレイが搭載され、240Hzのタッチサンプリングレートに対応。さらに6段階のアダプティブリフレッシュレートにも対応する、とのこと。

ご存知のように国内で販売されているRedmi Note 10 Proのディスプレイは6.67インチのAMOLEDなので、これとは別バージョンの同一名モデルが存在する、ということになりそう。

また、同氏によるとこの別バージョンモデルのメインカメラには64MPセンサーが搭載され、これはソニー製となる可能性もあるようです。

さらにNFCもアップグレードされNFC 3.0に対応。
ただ、CPUについてはSnapdragon 732と現行版から据え置きとなるようです。

全体としてちょっと矛盾点もある記事なので、まだ鵜呑みにはできませんが、ひょっとすると海外の一部地域でリリースされる「同名異機種」という可能性もありそうです。

ソース

Xperia 1 IIIの不可能な「はず」の世界初「4K@120Hz」のカラクリが判明
ソニーモバイルの最新Xperiaフラグシップ、Xperia 1 III。国内でもドコモ、au、ソフトバンクより五月中旬、もしくは7月中にリリース予定となっており、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。このXperia 1 III、カ

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました