Pixel初のフォルダブル「Pixel Fold」はサムスン製7.6インチディスプレイを採用へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google純正スマホ、Pixelシリーズ
昨年はPixel 4a、4a 5G、5とすべてミッドレンジという地味な展開でしたが、特にPixel 4aがかなり魅力的な価格であったためか、国内でもいくらシェアを拡大したという印象を受けます。

一方、2021年の最新Pixelラインナップが気になり始めているという方もかなり多い模様。

そんな中、韓国メディアのTHEELECが今年の新型Pixelについて非常に興味深い情報を提供していました。

Google, meanwhile, has requested Samsung Display develop a foldable OLED panel around 7.6-inch in size.

これによると、Googleはすでにサムスン・ディスプレイに対し約7.6インチのフォルダブOLEDパネルの開発を依頼している、とのこと。

Googleがフォルダブルスマホのプロトタイプを制作している、という情報は2019年頃よりありました。

また、9TO5Googleは昨年、Googleの内部文書から得た情報として2021年の新型PixelにはPixel 5aとフォルダブルPixel、そしてそれ以外に最低でも2モデルのPixelが存在する(Pixel 6とPixel 6 XL?)という情報を提供しており、フォルダブルについては「passport」というコード名で開発されていることまでリークされています。

よって、今年中にGoogleが初のフォルダブル、仮称「Pixel Fold」をリリースすると言う可能性はかなり高いと思われます。

OppoとXiaomiのフォルダブル・ディスプレイ仕様もリーク

なお、今年はすでにOppoとXiaomiもフォルダブルスマホをリリースすることを明言しており、今回の記事では両者が採用するディスプレイについての情報も判明。

これによるとOppoおよびXiaomiもサムスンからフォルダブル用ディスプレイを調達するとのことで、Oppoのフォルダブルは7.7インチのフリップ型・内開き式ディスプレイになる模様。

一方、Xiaomi製フォルダブルについては8.03インチで内開き、外側には6.38インチのセカンダリーディスプレイが搭載される模様です。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました