ASUS Zenfone 8 miniは16GB RAM搭載か、ベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年版の最新Zenfoneと言えば、ASUS Zenfone 8 (シリーズ)。

例年通りならば夏ごろに発表、リリースとなるはずですが、Zenfone 6、7と続いてきた個性的なあのフリップ式カメラが継承されるとかされないとか。

一方、このZenfone 8シリーズは5インチ台の小型モデルの存在が型番「ASUS_ZS590KS」より確認されています。

そして今回、この仮称「ASUS Zenfone 8 mini」のものとされるベンチマークスコアが発見されました。

ASUS_I006Dという型番で搭載チップはlahaina、つまりSnapdragon 888。
搭載メモリは16GB RAMと「ミニ」にしてはかなり豪華なスペックになっているようです。

ちなみにASUS_ZS590KSという型番からすると同モデルのディスプレイサイズは5.9インチということになり「ミニ」というほど小さいわけではありません。

ただ、今年はまだSD888搭載ハイエンドで5インチ台のモデルは存在しないので、相対的にはやはり「ミニ」と言えるのかもしれません。

なお、未発表の新型ZenfoneとしてはASUS_ZS672KS/ASUS_I004D(コード名: PICASSO)、そして ASUS_ZS675KW/ASUS_I007D(コード名: VODKA)の存在が確認されており、これらのいずれかがASUS Zenfone 8、もう一つがZenfone 8 Proになる可能性が高いと言われています。(ちなみにこのZenfone 8 miniとされるASUS_ZS590KSのコード名は「Sake」とのこと)

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました