最新Xperia 1 IIIのスペック情報が一転?SD888ではなくSD870搭載の可能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月14日の新型Xperiaの発表会で公式発表されることが確実な最新フラッグシップ、Xperia 1 III

この直前には有名リーカーが同モデルのかなり具体的なスペック情報をリークし、これで外観も含め大まかな全体像は見えてきた、と思われました。

Xperia 1 IIIにはサイバーショットの「屈曲光学系カメラ」が搭載、スペック・価格・発売時期がリーク!

しかし後にこのソースであるZackbucks氏がこの内容についてエイプリルフールのネタである可能性を示唆。(ただ、個人的には一部のスペックについては正確なものも含まれているような気もするので完全に「嘘」とも言い切れないように思えます)

そして今回、これに関係して別のユーザーがTwitter上で気になる発言をしていました。

これ、Twitter上の中堅リーカーからのもので、基本的な内容は先日のZackbucks氏の情報を伝えたものですが、興味深いのは「私のソースからの情報とは異なり、Xperia 1 IIIにはSD870ではなくSD888が搭載」とある点。

つまり、この人物はXperia 1 IIIにはSD888ではなくSD870を搭載という情報を独自のソースから得ていた、ということに。

また、この時点ではZackbucks氏はまだエイプリルフールについては言及しておらず、まだ信頼性の高いリーク情報として受け取られていました。

つまりSD888の部分も含めて「エイプリルフール」のネタであれば、Xperia 1 IIIにはSD870が搭載される可能性がある、ということに。

ご存知のように、SD870は事実上のSD865/865+のアップグレードモデル「Snapdragon 865++」とも呼ばれています。

2021年モデルの一部XperiaにSnapdragon 865+が搭載という噂はあり、確かに今年に入っても何度かSD870搭載のXperiaのリリースの可能性については噂されていました。

一方、さすがに「プレミアム」フラッグシップとなるXperia 1 IIIに半型落ちのチップを搭載というのはないだろう、というのがコンセンサスとなっていました。

ちなみに私は個人的にはZackbucks氏が2019年の終わりに投稿した「次期XperiaはSD865を「2世代」に渡って採用の可能性」という内容がいまだに気になっています。

次期XperiaはSD865を「2世代」に渡って採用の可能性
来年前半にリリースされると言われている5G通信対応の新型Xperiaモデル。今のところ、Xperia 1の後継機という位置づけの「プレミアムフラッグシップ」になると言われていますが、搭載チップはクアルコムが12月に正式発表をするSD865を

正式に発表日程も確定し、あと細かなスペック情報や発売日情報を待つばかり、と思われたXperia 1 IIIですが、公式発表まではまだまだ色々な噂や推測が交錯しそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました