「ahamo版」と「ドコモ版」の違いは?Xperia 1 IIやGalaxy S20の比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日正式にサービスが開始されたドコモの新格安料金プラン、「ahamo」(アハモ)。

初日という事もあり、乗換えや開通時に色々と混乱、トラブルもあったようですが、今のところサービスそのものは好評といった印象です。

なお、このahamoではあまり知られていませんがサービス開始と同時に既存ドコモ機種のいくつかを「ahamo機種」として展開しています。

ほとんどのドコモ機種はahamoで使用可能ですが、同社が「ahamo機種」として販売しているのは今のところiPhone 11、Xperia 1 II SO-51A、Galaxy S20 5G SC-51Aの3モデルのみ。
(これから増えていくとは思いますが)

そして今回、このahamo版モデルとドコモ版モデルの違いについて掲載していることが判明しました。

以下の表をみて頂くのが早いと思いますが、最大の違いは購入時のOSの違い、でしょうか。(ドコモ版はAndroid 10、ahamo版はAndroid 11)

また、興味深いのが機種のモデル番号も微妙に異なる、という点。ドコモ版Xperia 1 IIの型番はSO-51Aですがahamo版はSO51Aa、Galaxy S20 5Gについてはahamo版はSC51Aaとなっています。

Xperia 1 II SO-51Aのahamo版とドコモ版の違い

Galaxy S20 5G SC-51Aのahamo版とドコモ版の違い

要は、ahamo版のXperia 1 IIおよびGalaxy S20 5Gにはドコモ版のドコモ純正アプリやインターフェイス設定がなく、SIMフリー端末に近い状態、ということ。

また、ドコモ純正アプリ以外でドコモ版には搭載、ahamo版には非搭載のアプリも複数ありますが、これらは基本的に必要であればPlayストアからインストールできるものばかり。

元々、ドコモだけに限らずキャリア版スマホでは余計なプリイン・アプリは嫌われ者が大半。
よって、この違いは特にahamoを使うユーザー層によってはプラス材料ではないでしょうか。

一方、公式サイトの画像を見る限り、ahamo版のXperia 1 IIもGalaxy S20 5Gも裏面に「docomo」のロゴがある点は変わりない模様。
この点についてはちょっと残念です。

ahamo版、ドコモ版の価格の違いは?

なお、ahamo版とドコモ版の価格の違いについてですが、3月27日時点では:

ドコモ版 Xperia 1 II SO-51Aの一括価格:9万9000円

ahamo版 Xperia 1 II SO51Aaの一括価格:新規/MNP: 71,500円、機種変更: 79,200円

ドコモ版 Galaxy S20 5G SC-51Aの一括価格:販売終了?ドコモショップに掲載無し

ahamo版 Galaxy S20 5G SC51Aaの一括価格:新規/MNP: 62,700円、機種変更: 70,400円

ご覧のように、少なくともXperia 1 IIではahamo版の方が2万円以上安くなっています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました