Xiaomiが「変体」フォルダブルを開発中か?縦開きタイプ+回転カメラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本でもキャリア経由でのスマートフォン販売を予定し勢いに乗っている中国のXiaomi(小米)。

同社がなかなかユニークなフォルダブル・スマートフォンを開発している可能性がでてきました。

上の画像は中国で発見された特許資料を基にLETSGODIGITA作成したイラスト。

Galaxy Z FlipやMotorola Razr 2019のようなフリップ式フォルダブルですが、何といっても特徴的なのは端末上部のカメラ。

ご覧のようにカメラが搭載されている端末上部全体が横に回転してリア・フロントカメラ兼用となる仕様の模様。

前面・背面カメラ兼用、と言えば昨年のAsus Zenfone 6が記憶に新しいところですが、これはカメラが縦にフリップ(回転)するタイプのものでした。

もちろんこのような端末が実際にリリースされるとは限りませんが、画面は開閉型でカメラは回転型という、当然今までにはない形のスマートフォンということになります。

Xiaomiは少なくとも昨年からフォルダブルを開発しているようで、コンセプトモデルなどはかなり早目に公開した方。ただ、実際に製品化には至っていません。

これくらいインパクトのあるフォルダブルでデューしたら注目を集めることは間違いなさそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました