Galaxy A82は2世代前のチップ、SD855を搭載。ベンチスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの「主力艦隊」、Galaxy Aシリーズ。

すでにGalaxy A02~A52まで複数のモデルが発表、あるいは存在がリークされていますが、上位モデルに関する情報はまだあまりありません。

そんな中、このAシリーズの上から2番目の上位モデル、Galaxy A82のものとされるベンチマークスコアが発見された模様です。

SM-A826Sという型番で、パターンからするとGaalxy A82のもの、ということに。

一方、Motherboardの部分には「msmnile」とあり、これはSnapdragon 855のコード名です。

SD855は2世代前のチップで、Snapdragonとしては初めて5G通信に対応したチップ。
Galaxyで言うとGalaxy S10シリーズ、XperiaでいうとXperia 1やXperia 5に搭載されれていたチップです。

2021年リリースの複数モデルに搭載予定のSD870も事実上はSD865/865+のアップグレードチップなので、そういった意味では「型落ち」ですが、ミッドレンジ向けとは言え、2世代前のチップを搭載、という例はかなりレアです。(前例がなかったわけではありませんが)

ただ、ミッドレンジ向けのSnapdragon 700番台のチップでは最新チップでもマルチコアで2000ポイントを超えるスコアを出せるものはないはず。

そういった意味ではGalaxy Aシリーズの上位モデル、アッパーミドルとしては十分な性能を出せるチップと言えそうです。

なお、このGalaxy A82は今年のAシリーズの中でもちょっと異質で、フリップ式の前面/背面兼用カメラを搭載すると言われています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました