2021新型Xperiaリリース予定がリーク、Xperia 5 IIIはSD700番台搭載のミッドレンジに?

スポンサーリンク

2021年の新型Xperiaモデル。

2020年と同じ機種展開ならばXperia 1 III、Xperia 10 III、Xperia 5 III、Xperia L5の4機種がリリース、ということになりそうですが、まだ信ぴょう性の高い具体的な情報は非常に乏しい状態。(噂は豊富ですが)

一方でSnapdragon 888搭載のハイエンドXperiaが1モデル、SD690搭載のミッドレンジXperiaが1モデル存在することは「確か」です。

そんな中、この2021年モデルのXperiaの機種展開、搭載チップ、そしてリリース予定についてを表すと思われる興味深い情報がWeibo上で発見されました。

お馴染みのCaybule氏からのものでソースは不明。
ただ、シンガポールのフォラムサイト、hardwarezoneのフォーマットのようにも見えます。

内容としては「Xperia 5 IIIがSD7XXを搭載するという事以外、(2021年Xperiaに)大きな変化はなさそう」というもの。

Xperia 10 IIIとなるのかは確定していませんが、ソニーがSnapdragon 690搭載(5G対応)のミッドレンジXperiaを開発中であることは同社のファームウェア・サーバー情報から明らかになっています。

また、Xperia 1 IIIのものと思われるSD888搭載機種も見つかっていますが、XperiaにSD700番台のチップを搭載というのはほぼ初耳

ただ、クアルコムがSnapdragon 765/765Gの後継チップを間もなく発表することはほぼ確実で、これはSnadragon 775もしくはSnapdragon 777というチップ名になると言われています。

そしてXperia 5 IIIに搭載されるスナドラ700番台と言えばこのチップとなる可能性が高そう。

Xperia 5、Xperia 5 IIとハイエンドだった同シリーズがミッドレンジになる、なんてことあるのでしょうか?
一方で、2020年はPixel 5がフラッグシップとしては初のミッドレンジチップを搭載しており、Xperiaでも同様のことがありえない、とは言い切れません。

なお、今回のスクショの内容ですがおそらく「a」は「announcement (発表)」、「r」は「リリース(発売)」で、つまりリリース予定時期と発売予定時期を表していると思われます。

となると、まず1月中にXperia 10 IIIが発表され翌月には発売されるとのことで、これは前モデルより若干早いスケージュール、ということに。

一方、Xperia 1 IIIについては前モデルが2月末発表、5月末リリース(海外では6月)だったので発表時期こそ多少ずれ込みそうですが、発売時期に大きな変化はなさそう。

そして2021年後半フラッグシップ、Xperia 5 IIIについてはXperia 5 IIの発表・スケジュールとほぼ同じ感じになりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました