サムスン、次世代Galaxyで600MPの巨大単眼カメラを実用化か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの新型Galaxy、と言えば来年1月の発表が予想されているGalaxy S21シリーズ。

今のところの情報では同シリーズのカメラ構成は前モデルのS20シリーズと比較してメジャーな変化はなさそうです。

一方、有名リーカーがGalaxyシリーズに将来的に搭載されるカメラについて興味深い新情報を提供していました。

これによると、サムスンはすでに600MPの超高画素センサーを搭載したGalaxyの開発を行っている、とのこと。

サムスンは今年4月に600MPのセンサーを開発中であることを明らかにしていましたが、その実用化がいよいよ近づいている、という事でしょうか。

なお、今回の画像をみるとGalaxy S20似のボディーに巨大なカメラレンズが一つだけ搭載されています。

もちろんこれはコンセプト画像だとは思われますが、確かに既存のセンサーサイズのままで600MPとなるとピクセルサイズが小さくなりすぎるはず。

これを防ぐためにはセンサーサイズ自体を大きくする必要があるのだと思われます。

来年あたり、巨大単眼カメラを搭載したGalaxyが登場するのかもしれません。

そういえば、かなり前からXperiaも単眼巨大レンズを搭載したサイバーショットとのハイブリッドモデルがリリースされる、といった噂がありましたが続報がありません。やはり単なる噂だったのでしょうか。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました