SD888搭載のGalaxy S21のベンチマークスコアが発見、SD865と同スコア

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの2021年版次期フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ

この「無印」版となるGalaxy S21のものとされるベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

「Lahahina」はSD888のコードネーム。

ご覧のように搭載OSはAndroid 11、メモリは8GB RAMとなっており、前モデルのGalaxy S20から据え置きとなる模様。

スコアはシングルコアが1075、マルチコアが2916ポイントとなっており、シングルコアのスコアはSD865よりも1割ほど高めですが、マルチコアに関してはSD865搭載のS20シリーズから変化なし、といった感じ。

ちなみにこのS21の上位モデルとなるS21+のものと思われるベンチマークスコアも過去に発見されています。

こちらはS21のものと比べて1割程度スコアが高くなっていますが、それでもマルチコアのスコアはSD865のスコア圏内といった感じ。

SD888はSD865と比べて少なくとも2割程度は性能アップするはずなので、まだチューニング中で性能が十分に発揮できていない、という可能性が高そうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました