アルコール除菌だけじゃない!arrows NX9のパンチホールの意外な「初」仕様

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドコモが2020-2021冬春モデルとしてリリース予定の富士通の新型arrows、arrow NX9 F-52A

SD765G搭載のミッドレンジで富士通としては2モデル目となる5G通信対応スマートフォンとなります。

このarrows NX9はまだ発売日も確定しておらず、特徴としてもアルコール消毒が可能といった点以外、これといった特徴に乏しくイマイチ存在感の薄いモデル。

そんなarrows NX9ですが、今回、海外メディアよりちょっとだけ意外なトリビア情報が入ってきました。

GIZMOCHINAが発見?したもので、これによるとこのarrows NX9はギャラクシー以外のスマートフォンかつOLEDディスプレイを搭載したモデルとしては初めて画面上部中央にパンチホールが配置されたモデル、とのこと。

全てのパンチホールディスプレイを搭載した機種をチェックしたわけではありませんが、確かにOLEDで画面のパンチホールが真ん中に位置する機種、というのはGalaxy以外に思い当たりません。

ただ、パンチホールの位置などどうでも良い、という方も思われ、今回の情報については「それで?」と思った方も多いはず。(私もその一人ですが)

ただ、このarrows NX9の購入者はちょっとしたトリビア情報として少しだけ自慢できるかもしれません。(で?と言われる可能性大ですが)

コメント

  1. あほーず より:

    どうみてもGalaxyのパクリなんだから当然やろwwwww

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました