Exynos復権の兆し?AntutuでSD865+を上回る性能のExynos 1080

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新チップの一つ、Exynos 1080のAntutuベンチマークスコアが発見されました。

Antutuベンチマークでのスコアはなんと69万点以上。

これを他のAndroid機種と比較すると:

Snapdragon 865+を搭載したASUS ROG Phone 3を1割近く上回るスコア、となっています。

この5nmチップは先日サムスンの幹部が言及していましたが、まだ詳しいことは不明。

ただ、このチップの凄いのは次世代Galaxyフラッグシップ向けのものではなく、あくまでアッパーミッドレンジ向けのチップ、という点。

つまり、Galaxy S21シリーズなどに搭載される次世代フラグシップ向けのExynos、Exynos 2100はこれよりも高性能、ということになります。

なお、Exynos 2100の性能については一部ではSnapdagon 875と同等、あるいはそれを上回るとも言われています。

数年前までのExynosチップは同世代のSnapdragonチップをベンチマークスコアでうわ待っていましたが、ここ数世代ではそれが逆転。

そのためここ最近は常にExynosチップはSnapdragonに劣ったチップ、というイメージが定着しています。

しかし今回のExynos 1080のベンチマークスコア、そしてExynos 2100の潜在的な可能性を考慮すると来年はひょっとするとSnapdraong vs Exynosの優劣がまた逆転、という可能性すらありそうです。

コメント

  1. ナナシィ より:

    うわ待って!

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました