Oneplus、6000mAhバッテリー搭載で2万円台の初のエントリーモデル「Clover」を開発中

スポンサーリンク

Oppo傘下のブランド、OnePlusがロースペックの新型モデルを開発している模様です。

よって、このOnplus 「Clover」は同社としては初のローエンドモデル、ということになります。

Android Authorityが伝えたもので、これによるとOnplusは現在、「Clover」というコードネーム下で新型モデルを開発中。

このモデル、ディスプレイは6.52インチのHD+ LCD、CPUはSnapdragon 460とスペック的にはローエンドですが、バッテリー容量は6000mAhになるとのこと。

画面解像度がHD+で6000mAhバッテリーを搭載となると、かなりバッテリー持ちは良さそうです。

Oneplus Cloveのスペック

・OS:Android 10(OxygenOS 10)

・ディスプレイ:6.52インチ、 HD+ IPS LCD (1560 x 720)

・CPU:Snapdragon 460

・メモリ:4GB RAM

・ストレージ:64GB

・microSDカードスロット:あり

・リアカメラ:13MP f/2.2、2MP f/2.4、 2MP f/2.4

・フロントカメラ:不明

・指紋センサー:背面

・3.5mmイヤフォンジャック:あり

・バッテリー容量:6000mAh

・充電:18W

・防水

Oneplusは最近のOnplus Nordなど、過去にミッドレンジはリリースしたことがありますが、それよりもさらに低スペックなエントリーモデルを展開したことはありません。

ちなみにこのOneplus 「Clover」の価格は200ドル程度となり、今年中に米国など、グローバル展開されるとのことです。

Oneplusはこれまで、中国以外では比較的先進国を中心に展開されていましたが、こういtったエントリーモデルをリリースする、ということは対象市場を広げる、という狙いがある可能性も。

となると、3~4万円台のローミッドレンジが主力の日本でも展開の可能性はありそうです。

https://androidnext.info/?p=6308

コメント

タイトルとURLをコピーしました