廉価版Oneplus 8「Z」のスペックが判明、価格は3万円台に

Oneplusの2020年フラッグシップ、Oneplus 8シリーズ。

海外ではすでにリリース済みの同シリーズですが、上位モデルのOneplus 8 Proについてはかなり品薄状態で一部ではプレミアも付いているとか。

そんなOneplus 8シリーズの廉価版モデル、Oneplus 8 Zのものとされるスペックが発見されていました。

搭載CPUは以前からの噂通り、Snapdragon 765Gで5G通信対応。メモリは6GB RAMでストレージ容量は128GB。

ディスプレイですが、無印とProが120GHZリフレッシュレートに対応なのに対し、「Z」は90Hzリフレッシュレートとなっています。

バッテリー周りは30W充電に電池容量は4300mAh。リアカメラは64MP+16MP+2MPのトリプルカメラ仕様になる模様です。

ちなみにここには記載されていませんが、同モデルのディスプレイは6.55インチのSuper AMOLEDになると言われています。

なお、今回の情報によるとこのOneplus 8 Zの価格は24990インドルピー、日本円で約3.6万円ということになります。

また、Oneplusは7月5日に新製品の発表イベントを告知しており、このOneplus 8 Zはこのイベントで発表される可能性が高そうです。


コメント

  1. たぴぴ より:

    OnePlus 8 無印はリフレッシュレート90Hzですし、8 PROは120GHzではなく、120Hzですよ。

  2. 名無し より:

    120GHz…
    1200億Hzかぁ…

タイトルとURLをコピーしました