Google、リリース延期となるはずのAndroid 11ベータ版をうっかり配信?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年版の次期Android OSとなるAndroid 11。

すでに開発者向けプレビューが「4」まで提供されており、次はいよいよベータ版の提供予定となっています。

ところがこのAndroid 11のベータ版が一部のユーザーにフライング提供されてしまったようです。

こちらはAndroid 11で実装されると思われる新しい電源メニュー。

少なくとも2名のユーザーがこのAndroid 11 Beta版のアップデートを受けた模様でいずれも端末はPixel 4XLのようです。

Googleはもともと6月3日にGoogle I/Oの開催を予定していましたが、これを延期/キャンセル。

当初はこの日にAndroid 11のベータ版がリリースされると言われていましたが、これも延期になったと言われています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました