Galaxy Note 20の”意外と少ない”バッテリー容量が判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年後半にリリース予定の次期Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズ(仮称)。

早ければ8月中にも発売されると言われている同シリーズですが、今回、このレギュラーモデルとなるGalaxy Note 20のバッテリー容量が判明した模様です。

オランダのサイト、Galaxy Clubが伝えたもので、今回、EB-BN980ABYという型番のサムスン製バッテリーが発見。

このバッテリーは型番からGalaxy Note 20用のもので、実容量は3880mAhとのこと。

ただ、実質容量は表記容量よりも少ないので、スペック上に記載される「表記容量」は4000mAh前後になる模様です。

ちなみに昨年のGalaxy Note 10は6.3インチでバッテリー容量は3500mAhなので、これと比較すると大幅な増量ということになります。

一方、2020年前半のGalaxy S20シリーズのバッテリー容量は:

Galaxy S20: 4000mAh (6.2インチ)
Galaxy S20+:4500mAh (6.7インチ)
Galaxy S20 Ultra: 5000mAh (6.9インチ)

バッテリーサイズから逆算するとGalaxy Note 20シリーズのサイズはGalaxy S20シリーズと同じくらいのサイズ、ということに。

以前よりGalaxy SシリーズとNoteシリーズは徐々に差別化が難しくなっており、Galaxy S 20とNote 20がほぼ同サイズ、となるとその「違いのなさ」はさらに顕著に。

一方、Galaxy S20は4000mAhバッテリー搭載でもバッテリー持ちの評判・評価は良くありません。

よって、Note 20がS20よりも大きくなるとするとバッテリー持ちにかなり不安が出てくることになります。

いずれにせよ、このGalaxy Note 20シリーズはGalaxy S20との間にサイズ以外の何らかの大きな違いがないとなかなか人気が出ないような気もします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました