国内初のミッドレンジ5GスマホはSD765搭載のau ZTE a1、スペック判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先にお伝えしたauの2020年春夏5Gモデルラインナップ。

この中にauスマートフォンとしては初めてとなるZTE製機種、ZTE a1が存在するとお伝えしました。

そして今回、同モデルの詳細なスペックが判明しました。

ZTE a1のスペック

・ディスプレイ:6.5インチ、

・CPU: Snapdragon 765

・メモリ:6GB

・ストレージ:128GB

・リアカメラ:48MP+8MP+2MP+ToF

・バッテリー容量:4000mAh

・OS:Android 10

・microSD: 対応(最大1TB)

・Bluetooth: 5.0

・端末サイズ:77 x 164 x 9mm

・重量:185g

・おサイフ:非対応

・防水・防塵:非対応

・ワンセグ・フルセグ:非対応

・カラー:ブラック

なお、同モデルの外観についての鮮明な画像はありませんが、少なくとも前面は画面左上にパンチホール、上下ベゼルは最近のモデルとしては若干太め。

背面のカメラはiPhone 11シリーズやPixel 4のように端末左上に正方形の枠の中に搭載されています。

Snapdragon 765はクアルコムが昨年末に発表したミッドレンジ向けチップとしては初めての5G通信対応チップ。

海外では同チップを搭載したモデルがちらほらでてきていますが、国内ではまだ未発表・未リリースです。

よって、このZTE a1はリリース時期にもよりますが発表時期ベースでは国内初のSD765搭載ミッドレンジ5G対応スマートフォン、ということになります。

なお、このZTE a1の型番はまだ不明ですが他の5Gモデルの型番規則に従うと「ZTG01」となりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました