最新moto「moto g20」の公式画像とスペックがリーク、Unisoc T700を搭載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラの展開するミッドレンジシリーズ「moto」。

今年からネーミングルールを変更し、最廉価版をmoto g10、最上位モデルをmoto g100とし、すでに数機種が発売済みとなっています。

そして今回、この2021年motoシリーズの下から2番目の機種となる、moto g20の公式画像およびスペックがリークされていました。

ノッチディスプレイで外観的にはmotoシリーズの「ザ・エントリーモデル」といった感で特質するような点はありません。

ただ、明るめのレッドについては結構珍しいカラーではないでしょうか?

moto g20のスペック

  • ディスプレイ:6.5インチ、1600×720p
  • CPU: Unisoc T700
  • メモリ:4GB RAM
    ストレージ容量:64GB ROM
  • リアカメラ:48MP + 8MP + 2MP + 2MP
    フロントカメラ:13MP
  • バッテリー容量:5000 mAh
  • サイズ:165.22×75.73×9.19mm
  • 重量:200g

なお、このあまり見かけないUnisoc T700というCPUですが、ベンチマークスコアは以下のような感じ:

Snapdragonチップで言うと、Xperia 10 IIなどに搭載されているSnadragon 665と同じかそれよりちょっと良いスコア、といったところでしょうか。

この最新世代のmoto gシリーズはすでに国内でもmoto g10とmoto g30がSIMフリーモデルで発売済みとなっていますが、今回のmoto g20はこれら2モデルの中間に位置するモデル、ということになります。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました