ミッドレンジど真ん中、Galaxy A52のスペックがリーク、SD720G/SD750Gを搭載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンのミッドレンジ・ラインナップ、Galaxy Aシリーズ。

その中でも2021年の主力モデルになると言われている「ミッドレンジど真ん中モデル」、Galaxy A52のスペックがリークされていました。

GSMArenaが伝えたもので、これによるとまず、Galaxy A52には4Gモデルと5Gモデルが存在。
4Gモデルの搭載チップはSnapdragon 720G、5GモデルはSnapdragon 750Gとのことです。

搭載OSはAndroid 11、メモリは‘8GB AM、ストレージ容量は128GB。

ディスプレイは6.5インチ、60HzリフレッシュレートのAMOLEDとのこと。

リアカメラはクアッド仕様で64MP + 12MP + 5MP + 5MP、フロントカメラの画素数は32MP、バッテリー容量は4500mAhで充電速度は15Wになる模様です。

なお、価格は4Gモデルが日本円で4.2~4.3万円)、5Gモデルが約5万円(ベトナムでの価格)とのこと。

カラーオプションはAwesome Black、Awesome White、Awesome Violet、Awesome Blueの4色展開になるとのことです。

なお、前モデルのGalaxy A51は国内でもドコモがSC-54A、auがSOG07として展開しています。
よって、早ければ2021年春夏モデル、遅くても秋冬モデルとして展開される可能性は十分にあると思われます。

シャオミ、スマホのバッテリー膨張を検出する技術の特許取得
スマートフォンのバッテリー膨張やそれに伴う端末の破損。これはかなり昔の機種から発生している「歴史ある」スマホトラブルの一つで、古くはXperiaシリーズで、最近ではPixel 3やPixel 4シリーズでの発症例が記憶に新しいところです。そ

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました