SD870搭載のMotorola Edge SのAntutuベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クアルコムが先日発表した新型チップ、Snapdragon 870。

ローコスト・ハイエンド機種向けと言われるこのSoCですが、同チップはハード的には基本的にSD865と同じ、別名「Snapdragon 865++」とも呼ばれており、実際その性能は最高クロックスピードをSD865+の3.1GHzから3.2GHzへと100MHzアップしただけ。

一方、このSD870はMotorola Edge Sに搭載されることが確定しており、同モデルは1月26日に正式発表されることも予告済みです。

そして今回、このmotorola edge sのものとされるAntutuベンチマークスコアが発見されました。

スコアは約68万ポイント。

Snapdragon 865搭載機のスコアは50万点前半といった感じなので、これよりも3割前後性能が高い、ということに。

一方、以下はSD865+搭載のASUS ROG Phone 3のスコア。

SD870はSD865+と比較しても1割近い性能アップとなっており、これは100MHzのオーバークロックだけにしては結構な性能アップという印象を受けます。

なお、このSD870はmotorola edge s以外にもOppoやXiaomiの2021年モデルにも搭載されると言うリーク情報があり、一部では最新Xperiaへの搭載の可能性も噂されています。

Xperia 10 IIIに搭載のカメラセンサーはPixelと同じIMX363との情報
ソニーモバイルの新型ミッドレンジXperia、Xperia 10 III。昨晩有名リーカーからレンダリング画像がリークされ、2021年版Xperiaとしては最初に外観が確認されたモデル、ということになりますが、スペックについてはSD690搭

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました