Xperia 1 IIのカメラ評価は「作業中」、間もなくDXOMarkから発表

スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年新型Xperiaフラッグシップ、と言えば年前半のXperia 1 IIおよび後半のXperia 5 II。

前モデルと比較して、スペックだけでなくカメラ性能も大幅に向上している、というのが一般的な評価となっています。

そして今回、このXperia 1 IIのカメラ評価が「ようやく」カメラ評価サイト、DXOMark上に掲載されそうです。

DXOMARKは明日のiPhone 12のカメラ評価掲載予告をしており、これに対して別のユーザーが「Xperia 1 IIは?」と質問。

その質問に対してDXOMarkが現在「作業中」と回答しています。

今年のXperiaはまだ1モデルもDXOMarkでのカメラ評価がされておらず、すっかり忘れられているのかとも思ったのですが、具体的な時期は不明ですが、少なくとも評価プロセス自体は行われているようです。

なお、もっとも最近のXperiaのDXOMarkカメラ評価は昨年のXperia 5で95ポイント。ただこれは旧テスト方法によるものなので、最近機種の評価ポイントとの単純な比較はできません。

一方、Xperia 5より半年前にリリースされたXperia 1は最新のテスト方法で評価されており、これによる評価ポイントは87ポイントとなっています。

同時期にリリースされたライバル機種、Galaxy S10やS10+がそれぞれ113、116ポイントなので、これらとは大きな差がついています。

一方で、Xperia 1 IIど同世代のライバル機種、Galaxy S20+のスコアは118ポイント、S20 Ultraは126ポイントとなっており、Xperia 1 IIがこれを超えられるか、というのが一つの注目点となりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました