次期Xperiaの国内向けはまた劣化版? Xperia 5 IIはSD865/865+搭載の2バージョン存在の可能性

スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年後半フラッグシップ、仮称「Xperia 5 II」。

この新型Xperia、国内でも少なくともドコモとauが取り扱うことは確実視されており、搭載チップについては以前よりSD865のアップグレード版、Snapdragon 865+が搭載される可能性が浮上しています。

そして今回、このXperia 5 IIの搭載チップについてちょっと気になる新情報が発見されました。

この投稿者が別のソースから得たっぽい情報ですが、内容としては:

Xperia 5 IIにはSD865搭載版とSD865+搭載版の両方が存在する可能性があり、SD865搭載版は日本などの地域限定となる模様。ただ、これらの2バージョンが同じ機種名となるのかは不明、とのこと。

国内キャリア版新型Xperia、今度はチップでダウングレード?

SD865+は日本でもリリースが確定しているGalaxy Note 20シリーズやASUS ROG Phone 3、そして来週発表のASUS Zenfone 7 (Pro)にも搭載されるチップで、特にグラフィック性能が向上しておりベンチマークスコアでは無印SD865の1~2割増しといった感じ。

また、これ以外にも2020年後半のハイエンドには幅広く搭載されそうなので、そのうちの1モデルにXperia 5 IIがあってもおかしくはありません。

一方、今回の情報が事実ならば国内キャリア版Xperia 5 IIはSD865を搭載、ということに。

ご存知のように、Xperia 1、Xperia 5 、そして最新のXperia 1 IIと、国内キャリア版のフラッグシップは価格を抑えるためかストレージが海外版より少なくなっています。

Xperia 5 IIのストレージについてはまだ何も情報がないので何とも言えませんが、ひょっとするとこの次期Xperiaではチップ+ストレージの両方が海外版よりダウングレードされる、という可能性も。

もちろん、SD865+はクロックスピードがアップしている分、SD865よりバッテリー消費が速いといった欠点がないわけではありません。

そういった意味で、必ずしもすべてのユーザーにとってマイナス要因とは限りませんが、それでも事実ならば一つの批判材料にはなりそうです。

一方、これまでの例でチップが異なるのに同じ機種名、というのはGalaxyのSnapdragon/Exynosを除いてあまり前例がないような。(少なくともXperiaでは皆無)

そういった意味で、SD865+搭載版が「Pro」や「Plus」を冠する可能性は十分あるような気がします。

コメント

  1. より:

    毎度恒例行事
    嫌ならSIMフリーのペリアが出たんだからそっち買えば良い
    ワンセグとか付いてないからいいぞ

  2. Android iOS より:

    865で出来なくて865+で出来るようになることってあるんだろうか…正直855と比べてもできることに差は出ない気がする

タイトルとURLをコピーしました