2020後半の新型Galaxy、最低6モデルでSD865+を採用、S20のカメラフォーカス問題は「完治」

サムスンが2020年後半に展開する新型Galaxyモデル。

これまでの情報では8月5日にGalaxy Note 20シリーズ、Galaxy Fold 2など複数モデルが一気に発表されそうな雰囲気となっています。

そんな次期Galaxyラインナップですが、今回これらの搭載CPUについて新情報が出てきました。

サムスン関連のリーク情報で有名なIce universe氏からの情報で、以下の未発表モデルにはSnapdragon 865 Plusが搭載される、とのこと。

・Galaxy Note 20シリーズ
・Galaxy Tab S7シリーズ
・Galaxy Fold 2
・Galaxy Z Flip 5G

Galaxy Note 20シリーズについては今のところGalaxy Note 20とNote 20 Ultraの2モデル展開で、Note 20+は存在しない可能性が高そう。

Galaxy Tab S7についてもおそらく2バリエーションになると思われるので、同社が今年後半にリリースするスマホ/タブレットでは最低6モデルがSD865+を搭載する、ということになります。

また、以下のような投稿も:

Galaxy Note 20シリーズでは(前モデルの)カメラフォーカス問題が完全に修正されている。
ただし、WQHD+での120Hzリフレッシュレート対応はなさそう
、とのこと。

このカメラのフォーカス問題というのはおそらくS20シリーズを指していると思われます。

一方、S20シリーズでは120Hz表示の際は画面解像度がFHD+に落ちる仕様となっており、これについては一部のユーザーから批判的な意見も見られました。

が、残念ながらNote 20シリーズでもこの仕様に変更はなさそうです。

ちなみにこの「SD865+」は次期Xperiaフラッグシップ、Xperia 5 IIやASUS Zenfone 7、ROG Phone IIIなど、2020年後半リリース予定の他メーカーモデルでも広範囲に採用されそうな雰囲気。

また、名称についても「SD865+」ではなくあくまで「SD865のオーバークロック版」という位置づけで展開される可能性もあるようです。


コメント

  1. 松浦誠司 より:

    docomoから、ギャラクシノート20Ultrabookが出ますか

タイトルとURLをコピーしました